| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
今更コース攻略…
もうかれこれ2年(でいいのかな)とみんゴル5をやってるわけで
各々のプレイヤーが各々の攻略方法を見つけ実践しているのが当たり前な現状において
あらたまってコース攻略記事を書いてみることに自己満足以外の意味はあまりないのだけど
「今更」でもまとめてみたら何か見えてくるモノがあるかなぁ、なんてことを考えてみたりした次第。


どーいうのが見やすく理解しやすいのだろう、と実験第一弾。


ジュラシックアイランドCC 2H

C8_H2.jpg
C8_H2G.jpg
300y強という、上級キャラ使用時には何とも1オン狙いたくなるこのコース。
正攻法は、コース図あたり、バンカーの奥。
レギュラーティなら220y、バックティで240yと初級~上級まで基本的には同じ。
万が一にも砂には入れたくないので、大きめに打つといいかも。(上り坂になるので、よほど大きく打たない限りは大丈夫)
残り距離が115y前後でこれ以上近づける意味はあまりない。
初級でアゲインストとか何だかんだでバンカー手前にしたとしても140y程度なので状況に応じて。
ただし、バンカー手前に打つ時は、砂に転がり込むような傾斜に要注意。

グリーンは、C4周辺がやや平らだが、基本的には「おちろ~おちろ~」と外に向かって傾斜しています。
弱く打つとマウンドを越えねばならず、強すぎたりBSが抜けるとオーバーする。
SBSよりBSの方が安全。

そんなことより、このコースの醍醐味は1オンか。
310y強なので、300yクラスのキャラならば当然狙いたくなります。
しかし、ジュラ特有の物理法則を無視するかのようなヒョロ長い木が問題。
差し当たって問題になるのは、コース図上のA~Dの4本。
まあ、Bに当たることは滅多に無いでしょうけど……
狙い所としては、グリーン上がベストなのですが、そう言う結果は望みにくいため
グリーン図上のの位置のベアグラウンドへ不時着させるのが良いかと思われます。
C8_H2S.jpg
ちなみに、300y+P。無風状態での実験結果です。

の間です。
高弾道であれば、滅多なことではCの枝に当たりません。
Cの枝でガサった場合は、蓮の葉に落ちる……時が多い。
ストレートだとグリーン脇の砂に向かうので曲げてやるといい。ただし、SSはJIするかどうかでかなり曲がり具合に差があるため怖いと言えば怖い。

手前にある木Aのこの枝に向かってBSで打つと、いとも簡単に当たります。
が、これに当たっても、水手前のフェアウェイに落ちることが多く、被害は無かったりする。
※残45yショットが正確に打てるならば。
スピン無しやトップスピンだと、左下に伸びてる悪意ある枝に当たってOBに。
BSでも枝に直撃して死ぬこともある。希に、木をスルーしてグリーンに乗ることもある。

木Aを左からよけて木Dの右に抜けるコースで打つつもりで
よく当たったりするこの枝ですが、
そもそもAとDの間をSSでよけるルートに打つこと自体ろくでもない結果になりがち。
ベアグラウンド横の木の橋あたりに行き、水没したりアンプレなったり。
結果ストレートで打った方がマシなのです。
SBSでこの枝の上を運良く通過することが出来るとグリーンに乗ることが多い。これベスト。
しかしこの枝、ガサよりバキの方が多く、そうなった場合十中八九死ぬ。

どうも一番高確率でベアグランドに不時着出来そうなのは
枝bと枝cの、(ティーグラウンドから見て)交差しているあたりをめがけて
STSで下を突破する方法のようだ。(枝cには当たることがある)


さて、これ。
亀の時の指針です。背の低い木を目指して打ちましょう。
C8_H2S2.jpg
ただし
300y(300y+P)で打つと、もれなくグリーンを超えます。
290yクラスのキャラの場合です。

ちなみに、グリーンの島の左上に別のグリーンの島があります。
そこに乗せることも可能ですが、これっぽっちもおいしくないです。気分転換にどうぞ(?)

バックティの場合ですが、死にやすいので普通が一番。

………思ったり大変だったんで、やや萎えましたw
スポンサーサイト

みんなのGOLF5攻略TB(0) | CM(0) | top↑
<<8/23の… | Home | また酒か…>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
くろこさん
最近の記事+コメント
歴代みんゴル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。